週刊ベースボールONLINE

平野謙の「人生山あり谷あり、感謝あり」

平野謙コラム 第36回 3人にゴールデン・グラブを獲らせる宣言をしました

 

さまざまなパフォーマンスで沸かせた新庄。全部自費だったとか


稀哲のイップス克服


 前回から日本ハムのコーチ時代の話をしています(2006年から08年。外野守備走塁コーチ、08年だけ打撃コーチ)。「選手が野球を知らなかった」とか、ちょっとキツい言い方もしちゃったけど、思ったことは口にしてしまう損な性格だから仕方がない(笑)。

 ただ、日本ハムの選手は、みんなすごく純粋だった。素直で聞く耳があったことは助かりましたね。外野手で言えば、ベテランの稲葉(稲葉篤紀)がそうだったし、あと、新庄(新庄剛志。日本ハム時代の登録名はSHINJO)も、本当はどう思っていたか分からないけど、ひとまず聞いてくれましたからね。やりにくさはまったくなかったです。

 僕は、秋季キャンプからの合流だったんですが、春のキャンプで稲葉、稀哲(森本稀哲)、新庄に「お前たち3人でゴールデン・グラブを獲ろう」とさらりと言ったことがあります。新庄は、もう2年連続ゴールデン・グラブだったから、あまり反応しなかったけど、稲葉は驚いた顔をしてたな。あいつは前にいたヤクルト時代の途中に、一塁から外野に変わった。守備がうまいという人もいたけど、僕が見た限り……大したことなかった(笑)。あくまで当時はですけどね。自信ですか? う〜ん、あったともなかったとも言えないけど・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング