週刊ベースボールONLINE

Power Push 2021 令和に輝く若き才能たち

DeNA・伊勢大夢インタビュー 自慢のストレートで真っ向勝負「昨年、僕の球筋は見られている。意識を変えていかないと厳しいと思っています」

 

2021年要注目のフレッシュな“力”に迫る連載インタビュー『Power Push』。第2回は1年目の昨季、主にリリーフで33試合に登板し3勝1敗4H、防御率1.80と好投したDeNA伊勢大夢にスポットを当てる。右サイドから最速153キロを投げ込む、2年目の現在地に迫る。
取材・構成=滝川和臣 写真=井田新輔、中島奈津子、BBM


本調子でないストレート


 2月18日、阪神との練習試合(宜野湾)の9回に4番手でマウンドに上がった伊勢大夢は、先頭の八番・坂本誠志郎に左本塁打を運ばれると、二死からは三番に座った新人・佐藤輝明にスコアボード越えの特大2ランを浴びた。ゲームセットから約40分後に始まったインタビューは当然、試合の反省会となった。

──今日の練習試合の感想は?

伊勢 紅白戦以来(2月7日、宜野湾)の実戦登板でしたが、まだ100パーセントの状態には近づけていないですね。体のキレ自体はいい感じなんですが、上半身と下半身のバランスがかみあっていない感覚です。

──ボールもバラついていた印象がありました。

伊勢 強風が吹く中での登板でしたが、シーズン中も横浜スタジアムでは似たようなコンディションで投げることはよくあるわけで、その中でもきっちりと投げられないと。今日の反省を生かしていきたいです。今日が底辺の出来で、あとはしっかり上げていくだけです。

──本塁打を2本浴びたことよりも、自分のボールが投げられなかったことが課題だった?

伊勢 「差し込んだな」と思ったボールがスタンドに運ばれてしまった。佐藤君に打たれた一発もイメージとしては、押し込んだ感覚はあったんですが、とらえられた。打者からすれば僕のボールが来ていないから、運ぶことができたということです。イメージと現実のギャップを詰めていきたいです。

──ルーキーイヤーの昨年は真っすぐで空振りを奪っていましたが、現時点ではまだまだだと。

伊勢 コンディションは毎日変わるので、良いときもあるし、悪いときもあります。良い状態をコンスタントに出せるようにしないと、昨年ほどの成績はついてきません。昨シーズンを通していろいろな選手に僕の球筋は見られているので、ブルペンから意識を変えていかないと厳しいかなと思っています。

──では、2年目のキャンプは順調とは言えない?

伊勢 昨年は交通事故(1月に車で衝突事故。打撲やむち打ちの症状で出遅れた)があったので、それに比べれば順調なんでしょうが……。ルーキーイヤーは初めてのキャンプということもあり、スローペースでやらせていただきました。でも今年は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング