週刊ベースボールONLINE

2021開幕接近!

12球団の気になる最終CHECKポイント 想定内か、想定外か【パ・リーグ編】

 

3月26日のシーズン開幕が近付く。今年は多くの外国人選手の来日が遅れるなど、青写真が微妙に狂っているチームもある。1カ月のオリンピックブレークを挟む異例のシーズン直前に、球団別に気になるポイントをチェックしてみた。
※()内は編集部判断の悩みの度合い。ぜいたく!、楽しみ、深刻の3つ

ソフトバンク 上林が打撃絶好調で栗原の座も危うし?


【CHECK POINT】右翼のスタメンは?(ぜいたく!)

実戦に入ってから打撃絶好調。上林のバットが止まらない[写真=湯浅芳昭]


 日本一激しい外野争いと言ってもいいだろう。昨季はシーズン終盤、左翼・グラシアル、中堅・柳田悠岐・右翼・栗原陵矢が主な布陣で固まった。現状、グラシアル、柳田ともに調整中で実戦復帰のメドは立っていないが、大きな問題がなければ開幕には間に合う見込み。とすれば、左翼、中堅はほぼ当確で、空いているのは右翼のみとなる。

 本命は今年も栗原で、工藤公康監督も「昨年の成績を考えれば、競争しなくちゃいけない中でも順位的には上のほう」と評価。しかし実戦が始まって以降、猛アピールを見せているのが上林誠知だ。キャンプ中の紅白戦から3月4日時点まで実戦10試合連続安打を続け、打率は5割に迫る。守備でも2017、18年とリーグトップの補殺をマークした強肩の持ち主。加えて足もあるだけに、このままの調子を維持するなら、ベンチスタートはもったいない。

 栗原を一塁に回す構想も考えられるが、・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング