週刊ベースボールONLINE

開幕3.26へカウントダウン プレシーズン情報局

明暗くっきり。巨人先発6番手が白紙に 好投続ける野上亮磨も候補に浮上?

 

開幕まで2週間を切ったが、巨人の開幕先発ローテーション争いに異変が生じている。明暗が分かれた巨人投手陣の1週間をリポートしよう。

3月14日の阪神戦の登板後、二軍降格が決まった高橋優貴。再度、6番手入りを目指す


高橋優貴が二軍降格


 原辰徳監督は手厳しかった。3月14日、阪神とのオープン戦(甲子園)に先発した高橋優貴は、注目のルーキー・佐藤輝明にソロを許したものの、5回を投げて65球3安打1失点にまとめ、開幕先発ローテーション入りに大きく前進したように思われた。しかし、「あまりにも逆球が多かった。スタミナの部分もいまひとつ。1回ファームに落とします。彼はどこかでローテーションを任すことになっていたんですけど、ここで一旦(いったん)、白紙に戻す。6番目の男が、空白になったということです」と試合後に宮本和知投手チーフコーチが明言。原監督も「まだほかに適任者がいるのではないかと。比べる状況ですね。(高橋は)秀でてはないということでしょうな」と容赦なし。

 ここまで投手陣の整備は比較的順調だったと言っていい。3月26日の開幕投手が決まっている菅野智之は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング