週刊ベースボールONLINE

クローズアップインタビュー

ロッテ・山口航輝インタビュー 強い心を持ち続けて 「同世代はすごい選手ばかり。でも、負けたくない」

 

弱気が最大の敵だ。結果が出ずに迷っていた過去2年がウソのように豪快なスイングを見せている。持ち前の長打力を発揮し、キャンプからアピールを続け、オープン戦全13試合で四番に抜てき。迷いを捨て、強い心で挑む初の一軍舞台。ロッテの新たな主砲は同世代へのライバル心も胸に、飛躍を期して3年目のスタートを切る。
取材・構成=鶴田成秀 写真=桜井ひとし

迷いを捨て、強い心で打席へ向かうのは、ファームでの経験から生まれた意識だ


意味ある2年を経て


 一朝一夕で飛躍は遂げられない。ブレークの兆しを示しているのは、入団からの2年間の準備の賜物だ。体をつくり、技術を高めた2年を経て、一軍未出場ながらオープン戦で2本塁打を放った21歳が『開幕・四番』を手繰り寄せた。

──オープン戦13試合は、すべて四番。大きな期待を寄せられる3年目です。

山口 打順に関しては、打席の中で特に意識することはないんです。自分のやるべきことは、打順が何番でも変わらない。心掛けているのは、しっかり自分のスイングをすること。だから、四番ということを意識していないんです。自分の中では四番はホームランを打つ選手、打点を挙げる選手。チャンスで多く回ってくる打順だと思うので、そこでしっかり結果を出す人が、四番で活躍している選手だと思う。自分もそうなっていきたいです。

──これまでも、本塁打へのこだわりを口にしてきました。

山口 入団したときから「本塁打王を獲る」という目標を掲げてきましたので。

──その目標へ向け、昨年までファームで腕を磨いてきましたが、成長を実感している部分は何でしょう。

山口 まずは気持ちの面です。1年目は、打てないと、すぐにイライラしていて(苦笑)。試合中なのに……。切り替えが本当にヘタクソだったんです。1打席目に凡退すると、引きずってしまって、コーチによく怒られていました(笑)。でも、今はそういうことはありません。

──経験を積んだことで余裕が生まれことが大きいのでしょうか。

山口 それはあります。打たないといけない、打ちたい、と余裕がなかったんだと思うんです。それに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング