週刊ベースボールONLINE

平野謙の「人生山あり谷あり、感謝あり」

平野謙コラム 第40回「あまり乗れなかった日本ハムラストイヤー」

 

チームは3位となり3連覇を逃したシーズンだが、選手は明るかった


まさかの打撃コーチ


 もう1年くらい前になるんですかね。連載の最初のほうで、独立リーグ時代(監督、コーチをしていた群馬ダイヤモンドペガサス)の関係から、群馬県で東京オリンピックの聖火リレーに選んでもらっていた、という話をしましたよね。これからの感染状況次第で、どうなるのかはありますけど、僕は、できるなら走りたいと思っています。

 今、いろいろな人が辞退していますよね。それぞれ事情もあると思いますが、僕の場合は大勢の人に推薦してもらい、尽力してもらって決まったことです。しかも、決まったとき、たくさんの人に喜んでもらった。そう簡単に辞退はできんだろうと思っています。

 神経質になる人の気持ちも分かります。大変な思いをしている方もたくさんいます。でも、走るほうも見ているほうも、しっかり気をつけてやっていたら、感染リスクが高まるとか、そういうことにはならないと思うんですけどね。

 話を戻します。前回は日本ハムのコーチ時代、2006、07年と連覇したときの話でしたよね。優勝、ましてや連覇は簡単にできることではありません。普通であればスタッフは変えないですよね。変えるにしても、チームのいいところを維持したうえで少しだけ、となるはずですが、このときはヒルマンがメジャーの監督になるために退任し、GMの高田繁さんもヤクルトの監督になった。要はフロントと現場のトップがダブルで変わっちゃったわけです。

 新監督は2004年まで近鉄の監督をしていた梨田昌孝さんです。実績ある方ですし、OBでもない。また違った風を吹き込ませるというのは、チームにとっていいことだと思いました。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング