週刊ベースボールONLINE

あの時代の記憶 恩師が贈る言葉

樋越勉(東農大北海道オホーツク監督[当時])が贈る 周東佑京(東農大二高→東農大北海道オホーツク→ソフトバンク)へのメッセージ「プロは目立ってナンボ。『侍ジャパンの一番』目指してもっとアピールを」

 

持っているポテンシャルに魅かれたからこそ、プロ入りを信じて疑わなかった。周東佑京に東農大北海道オホーツク進学とともにプロ野球選手を意識させた樋越勉監督の言葉。あの言葉がなければ、見る者を魅了するスピードスターは誕生しなかったかもしれない。
取材・構成=菅原梨恵 写真=BBM


 第一印象から、周東(周東佑京)の足はプロで通用すると確信するほど群を抜いていました。毎年秋に(東農大)付属高の一高(東京)、二高(群馬)、三高(埼玉)が集まって定期戦が開催されるんですが、当時の周東は1年生。試合には出ていなかったものの、二高の監督さんに『1年生でめちゃくちゃ足の速いのがいるんですよ』と言われて、練習を注目して見れば見るほど「いいな」と。走る姿がキレイでしたし、力強く、スピードもありました。

 とはいえ、まだまだ体は弱く、守備の技術も……。鍛えるところはたくさんあったので、卒業後はうち(東農大北海道オホーツク)に来てプロの世界へ、と思っていましたね。3年後が楽しみでした。

 高校時代からプロのスカウトからも目をつけられていましたが、周東本人はプロへの意識はなかったようです。ただ、・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング