週刊ベースボールONLINE

Power Push 2021 令和に輝く若き才能たち

広島・石原貴規インタビュー 次世代の「打てる捕手」へ 「方向の意識だけでなく、スイングに対する意識も、去年の後半から変えました」

 

昨年まで、「広島の捕手・石原」と言えば、石原慶幸を思い浮かべるファンは多かっただろう。しかし今季からは、この男だ。天理大から入団して2年目。昨季は一軍デビューはならなかったが、肩の良さが売りの守備に加え、打撃を磨いて、今季は開幕一軍を手にした。12球団でも有数の層の厚さを誇る、カープの捕手陣に斬り込んでいく。
取材・構成=藤本泰祐 写真=松村真行


「しっかり振る」を心掛け


 ルーキーシーズンの昨年は、キャンプは一軍で過ごしたが、シーズンでは一軍に呼ばれることはなかった。しかし今季は、昨年ファームでも打率.202だった打撃に磨きをかけてきた成果が出た。キャンプから右方向への強い当たりが出る打撃を披露、オープン戦でも打率.375と結果を残し、開幕一軍をゲットしたのだ。

──初めての開幕一軍をゲットしました。

石原 去年は1年間、上がることができなかったので、「ヨシ、やってやるぞ」という気持ちです。

──今年、一軍を手にできたというのは、昨年と比べてどこがよくなったからだと、ご自身では思われますか。

石原 キャッチャーとしての動きもありますが、やっぱり一番はバッティングかなと思います。去年の終盤から強いスイングがしっかりできるようになってきて、長打も増えてきましたし、確率も去年の前半より上がってきたので。そのあたりがアピールできているのかなと思います。

──キャンプからオープン戦と、右方向への強い当たりが目立っていました。

石原 引っ張って強い当たり、というのは、まあ当たり前ですけれども、逆方向にしっかり強い打球を打つ、というイメージで打席に入っていったほうが、体の開きもなくなり、確率も上がるはず、という考えはあります。方向の意識だけでなく、スイングに対する意識も変えました。去年は、最初、当てに行こうとしてしまって、強いスイングができていなかった。そこで、「しっかり振る」ということを心掛けて。それが去年の後半からは、試合の中でも感覚としてつかめてきたので、この春も継続してやりました。

──もともと、ライト方向に強い打球を打てるタイプではあったのでしょうか。

石原 いえ、逆方向に合わせる、ということはできましたが、強い打球、ロングヒットというのは逆方向にはほとんどなかったので、そこは去年とは変わったところかなと思います。今年のキャンプでは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング