週刊ベースボールONLINE

打者を封じる思考力 山岡泰輔の変化球ノート

山岡泰輔コラム 第3回 タテのスライダーの投げ方&覚え方 「無理に投げるとヒジを痛めるので注意。まずはキャッチボールで感覚をつかむこと」

 

多彩な変化球を巧みに投じて打者を手玉にとるオリックスの25歳右腕が、各球種の握りや投げ方、そして配球を含めた実戦での使い方など“変化球の極意”を綴る隔週連載。今回からは自ら球種を習得した順に握りを公開していく。最初に明かす球種は代名詞となっている『タテのスライダー』だ。


 今回からは実際に球種の握りを見せつつ、投げ方、覚え方を紹介していきます。まずは僕の『投球の軸』であるタテのスライダーですが、無理に投げるとヒジや手首を痛めることもあるので、これから説明する中の注意事項も忘れずに。フォームも人それぞれですし、体の強さ、柔らかさも、僕と同じではないので“完全コピー”を目指すのではなく、参考にして自分なりの新たな球種ができれば、それはそれでOK。遊び心を持ちつつ、新球習得に励んでみてください。

【握り方】中指を縫い目に掛けて


 握り方は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング