週刊ベースボールONLINE

チームに勢いをもたらすRELIEVER INTERVIEW

ヤクルト・近藤弘樹インタビュー 理想を捨てて得たもの 「自分の投球がどうとか、理想とか、どうでもいい」

 

投打がかみ合い、下馬評を覆す戦いを続けているヤクルトだが、リリーフ陣は昨季からリーグ屈指の安定感を誇っていた。今季、そんなツバメのリリーフ陣に、強力な新戦力が加わった。威力抜群の直球と150キロを超えるシュートを武器に、火消し役も担う剛腕。しかしこの男、一度は“クビ”を宣告された、ドラフト1位右腕なのだ。
取材・構成=依田真衣子 写真=榎本郁也、BBM

一死一、二塁のピンチで登板。宮崎敏郎を三塁ゴロ併殺に打ち取り、思わずガッツポーズ[4月15日のDeNA戦の6回、神宮]


開き直りが奏功


 2018年にドラフト1位で楽天に入団。しかし結果を残せず、昨オフ、わずか3年で戦力外通告を受けた。ヤクルトには育成選手としての入団だったが、春季キャンプは育成で唯一の一軍参加。3月15日には支配下登録を勝ち取った。開幕からリリーフとして4月25日現在、13試合に登板し、無失点投球を続けている。

――ヤクルトには慣れましたか。

近藤 だいぶ慣れました。

――楽天から移籍の伊藤智仁コーチや、岡山商大の同級生である蔵本治孝選手もおり、やりやすい雰囲気なのではないですか。

近藤 そうですね。あと、楽天から一緒だった今野(今野龍太)と嶋(嶋基宏)さんも。知っている人はたくさんいたので、まったくいない球団に行くよりは不安も少なかったと思います。今野には事前に連絡していましたし、今野も蔵本も同じピッチャーなので、一緒に頑張ろうなっていう話はしました。

――楽天を戦力外になってから、育成としての入団でした。昨季、戦力外通告を受けたときは……。

近藤 まあ、成績を残せていなかったので、可能性はあるかなって心の中では想定していましたね。

――当然、まだやれるという気持ちはあった。

近藤 それはありましたね。

――ヤクルト以外からも声は掛かっていましたか。また、ヤクルトに決めた理由を教えてください。

近藤 一応ほかもあったんですけど・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング