週刊ベースボールONLINE

ダンプ辻のキャッチャーはつらいよ

連載ダンプ辻コラム 第52回「僕が野球の歴史を少しだけ変えた2つの話」

 

大騒動となった横浜暴行事件


空過の2つのルール


 東京はコロナで大変らしいですね。あなたは大丈夫ですか? え、神奈川に住んでいる人に心配されたくない? そりゃそうですね(笑)。まあ、日本中、大変です。

 また、審判の話をしましょう。今回は鈴木徹さんです。僕はこの人と相性がすごくよかったと思っています。一番印象にあるのは、大洋時代の昭和56年、例の広島戦です(1981年7月19日、広島)。以前も話しましたから覚えていますよね? 走者が2人いてガードナーがホームランを打ったときの話です。

 当時はホームベースを踏む前からみんなが出迎えて、もみくちゃにしていた時代です。僕は走者3人がホームベースを踏んでいくのを悔しい思いで見ていたんですが、3人目のガードナーの足がベースの手前を踏んだ。変なところに着いたなと思っていたら、なんと、後ろ足がホームベースを越えていったんです!

「おや」と思ったときに目が合ったのが球審の鈴木さんでした。向こうも見たんでしょうな。

 ここでダンプのコンピューターが回転します。今と違ってピカピカで最新式の……いや、39の年だからピカピカは大げさですね、年期は入っているけど、高機能にしておきましょう(笑)。

 このとき2つのルールが頭にピピッと走った。まず・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング