週刊ベースボールONLINE

週間記録室2021

巨人・岡本和真が100号HR達成(週間記録室/4月26日〜4月29日)

 

4月27日のヤクルト戦[神宮]で通算100号本塁打をマークした巨人・岡本


100年ぶりの快挙


 4月26日(日本時間27日)、レンジャーズ戦でエンゼルスの大谷翔平が「二番・投手」で出場し、5回4失点で18年5月20日以来の勝利を飾った。これが日米通算100試合目の登板でもある。大谷は前日に7号本塁打を放ち、リーグトップタイに立っていたが、MLBで本塁打リーグトップの選手が先発登板したのは、1921年のベーブ・ルース(ヤンキース)以来100年ぶりとなる。

T佐藤輝月間7号


 4月27日の中日戦(バンテリン)で、2回に阪神佐藤輝明が中日先発の大野雄大からライトスタンド中段に7号ソロ。新人が4月末までに7号は2003年、横浜の村田修一に並ぶドラフト制後の最多記録。ただし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング