週刊ベースボールONLINE

熱戦FOCUS 2021 混パを抜け出すのはどこだ?

混パ・苦手払拭へ!カギを握る男たち

 

“お得意様”なんて言わせるな!「混パの理由が首位への道!?」で分が悪い“苦手球団”を浮き彫りにした中で、今後の戦いでキーマンになり得るのは──。彼らの奮起で苦手意識が払拭されれば、同時にチームを浮上に導くはずだ。

【打倒Lのキーマン】ソフトバンク・柳田悠岐 主砲のひと振りで攻略の糸口を



 相性の良さでチームを引き上げる。対西武は昨季も打率.333。メットライフでは過去あまり成績を残せていないが、今季は4月18日の試合で4打数4安打をマークするなど、ここまではホーム・ビジター関係なく強さを見せている。難敵・高橋光成に対しても、今季こそ10打数1安打ながら、2019年5打数3安打、昨季6打数3安打と苦手意識そのものは感じられない。投手戦、乱打戦でも、主砲の一打で雰囲気はガラリと変わる。グラシアルの離脱により四番を任され、チャンスで打席が回ってくることも増えただけに、そのチャンスを確実にものにしていきたい。

【打倒Hのキーマン】楽天・岸孝之 炎上からの巻き返しを


 今季はここまでソフトバンク戦2試合に先発し・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング