週刊ベースボールONLINE

MLB通信2021

【MLB】大谷翔平 143メートル弾に、ボークに……

 

今や全米のメディアでも大谷の記事が大きく扱われるようになった。それだけ注目されるスターの先週は自己最長飛距離の本塁打あり、ボークありと、話題満載のパフォーマンスを見せた。

現地時間6月11日のダイヤモンドバックス戦に先発した大谷。5回2失点8奪三振で、打撃では2安打1打点でチームの4連勝に貢献した


 全米中がその一挙手一投足に注目をするようになった。首をすくめて、判定に納得のいかない表情を見せただけでも話題になる。大谷翔平は、今や全米のスーパースターの扱いを受けているのだ。

 現地時間6月8日のロイヤルズ戦の1回裏・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング