週刊ベースボールONLINE

いざ東京2020オリンピック

強化合宿&試合から見えた!! 日本代表、金メダルへの戦い方 カギを握るグループステージ2試合

 

日本代表の強化合宿と強化試合が7月19日から25日の日程で行われた。約1週間の活動で見えた日本代表の戦い方をリポートする。

【POINT.1】大事な先発は2パターンの展開


先発[1] 山本由伸

開幕戦先発の山本、準決勝でも先発が予想される日本の“エース”


 いつの時代も日本のストロングポイントは投手力だ。先発の軸を期待された菅野智之(巨人)が代表を辞退し、代わりに招集された千賀滉大(ソフトバンク)もベストな状態とは程遠い中、先発の軸は山本由伸(オリックス)、森下暢仁(広島)、田中将大(楽天)の3投手に決まった。変則な大会日程のため、先発のローテーションも柔軟な対応が必要だが、軸が定まったことで、彼らを中心に大きく2通りの起用法が考えられる。

 開幕戦先発の山本は、7月24日の楽天との強化試合で2回1安打の好投。懸念された12時開始(開幕戦も同じ)の暑さも「気にならなかった」と頼もしい。開幕戦後は展開にかかわらず、中6日ないし7日で準決勝(8月4もしくは5日)での登板が予想される。準決勝は日本代表にとって鬼門。09年のWBCで勝利して以降、19年のプレミア12まで大きな大会ではことごとく敗れていた。決勝にコマを進めることが何よりも重要で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング