週刊ベースボールONLINE

廣岡達朗連載「やれ」と言える信念

廣岡達朗コラム「コミッショナーはなぜ中田翔の無償トレードを許したのか?」

 

もっと議論を尽くすべきだった



 今回の中田翔の問題はそもそも、日本ハムでの同僚の投手に対する暴力行為が発端になった。

 これに関しては、私は実際の現場を見ていないから何とも言えない。

 殴られた相手は中田がかわいがっていた後輩だという。原因は何だったのか。先輩が「こうしろ」と命じて、相手が言うことを聞かなかったからつい手が出てしまったということも考えられる。

 とにかく、「暴力」と聞いただけで、過剰に反応するのがいまの世の中だ。その背景に何があって、どういう状況だったのか。当事者同士にしか分からないことがあるのに、手を出した側を寄ってたかって断罪してしまう。普段プロ野球を見ない層であればあるほど、スキャンダルの火は加速度的に広がっていく。今回は野球評論家の中にも中田を叩く声が多い。

 なぜか。それは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング