週刊ベースボールONLINE

終盤戦の焦点 埋まった2021年のラストピース

目立つ原巨人の積極補強 開幕後の12球団IN&OUT一覧

 

巨人に復帰した山口俊


 新型コロナ禍と東京オリンピックによる中断もあり、例年の7月末より遅くなっていたトレード期限が8月末に終了した(開幕が大きく遅れた前年は9月末だった)。

 開幕後の動きをチーム別で見ると、クローズアップしたロッテに加え、巨人が目立つ。前年も開幕後、楽天からZ・ウィーラー高梨雄平を獲得し、優勝の要因となったが、今季はチーム内での“補強”がメーンで、育成からの支配下登録が5人と12球団最多となっている。さらにポスティングシステムを行使し、MLBに渡った山口俊が自由契約となると、6月10日に契約、日本ハムで暴力事件を起こし出場停止中だった中田翔を8月20日に無償トレードで獲得。全権を担う原辰徳監督らしい素早い決断もあった。

 やむを得ぬ動きは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング