週刊ベースボールONLINE

終盤戦の焦点 埋まった2021年のラストピース

ソフトバンク・D.アルバレス インタビュー 途中入団で叶えた夢「自分を信じて」

 

A.デスパイネ、Y.グラシアル、L.モイネロソフトバンクにとってキューバ人助っ人はいまや、欠かせない存在と言える。後半戦を前に仲間に加わった新戦力も、例外ではないだろう。まだまだ本来の力は出せていないものの、太陽のような明るさとパワーでチームを輝かせてくれるはずだ。
取材・構成=菅原梨恵 通訳=青木レオナルド 写真=高塩隆、佐藤真一

ソフトバンク・D.アルバレス


何があっても夢を叶える


 7月21日、ソフトバンクはダリエル・アルバレスの獲得を発表した。MLB・オリオールズでもプレーした経験を持つキューバ人は2021年、日本へ。さらなる高みを目指してBCリーグ・茨城で懸命にプレーする姿が目に留まったわけだ。あこがれの舞台で新たな挑戦を始めたアルバレスは、日本球界への熱い思いと、長年の夢を叶えた今を、喜びに満ちた表情で語ってくれた。

――入団から1カ月がたちましたが、チームには慣れましたか。

アルバレス みんなすごく良くしてくれて、最初からチームにいるような感覚さ。

――そもそもアルバレス選手は、どうして日本で野球をやろうと思ったのですか。

アルバレス 以前から日本でやりたいという夢があったんだ。ここまでは長い道のりだったけど、「その夢が絶対叶う!」「いつか夢のドアは開く!」と信じてやってきた。こうやって夢が叶ったことを、今はうれしく思っているよ。

――どうしてそこまで日本にあこがれを持っていたのでしょう。

アルバレス 選手として、やっぱり高いレベルでやりたいと思っていた。メジャー・リーグを経験して、次は日本だな、と。

――昨年から世界的に新型コロナウイルスが蔓延している中で、日本に来てやるという決断は勇気がいることだったと思います。

アルバレス どんな状況でも日本に行きたかった。何があっても自分の夢を叶えるということが第一だったんだよね。だから、本当にコロナは関係なく、自分が日本に行って結果を出すことしか考えていなかったよ。

――家族と離れるのは寂しくなかったですか。

アルバレス もちろん寂しいけれど、野球をやることが僕の仕事。家族のためにも日本で夢をつかんで、やり遂げないといけないなと。

――日本でのキャリアは、初めからプロ野球というわけではなく、独立リーグ、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCL)の茨城アストロプラネッツからスタートしました。独立リーグの存在は知っていましたか。

アルバレス 正直、知らなかった。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング