週刊ベースボールONLINE

廣岡達朗連載「やれ」と言える信念

廣岡達朗コラム「中田翔が長嶋茂雄の指導を理解したら大したものだ」

 

長嶋は良いことを教えているのだ



 一軍登録を抹消された巨人・中田翔を、長嶋茂雄終身名誉監督が指導したという。

 一部スポーツ紙には、バットを構えた中田の左肩を長嶋が手で押す写真が大きく掲載されていた。中田が高めを打つ際に左ヒジが開く点を指摘し、左肩を押さえながら「腰を強く回すように意識しなさい」とも伝えたという。

 この写真には大きな意味がある。

 上体でタイミングを取って振りにいくと、長嶋が置いた手に押されてしまう。しかし、臍下の一点(ヘソの下)を中心に動けば、長嶋の手は中田を押さえ切れない。そこを長嶋は教えているのだが、分かる人はいるだろうか。

 もう少し簡単にいうと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング