週刊ベースボールONLINE

惜別の男たち

3つの引退会見――感謝の心とこれからの夢/惜別の男たち

 

ソフトバンク・長谷川勇也



 前週(10月18日号)掲載のインタビューでは、野球への思いを熱く語り、これからも全力プレーを届けてくれると思っていたのだが……。10月8日、長谷川勇也の現役引退が発表された。翌9日に行われた会見で長谷川は、胸の内を整理するかのように一つひとつ言葉をかみしめて決断に至った経緯、今の思いを語った。

 ソフトバンク一筋15年。2013年には首位打者&最多安打のタイトルも獲得した好打者も、14年に痛めて2度メスを入れた右足首が「ボロボロになったなと。それがバッティングまで影響してしまった」。最後まで修正することのできなかった感覚のズレに、限界を感じるしかなかった。会見の途中には「もう歳取って涙腺もバカになっちゃって。ダメだ」。大粒の涙をこらえきれずハンカチで拭いながら照れ笑いする姿が、長谷川らしかった。

 今後については未定だが、自身のシーズン最多が198安打だったこともあり・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング