週刊ベースボールONLINE

The Focus

さらばハンカチ王子!斎藤佑樹、現役ラスト登板/惜別の男たち

 

10月1日に引退を発表した日本ハム斎藤佑樹が17日、札幌ドームでのオリックス戦で打者1人限定の引退登板へ。万感の思いを胸に、ミットめがけて現役最後の7球を投じた。
写真=高原由佳、BBM

セレモニーで場内を1周。ファンに別れを告げた


 栗山英樹監督が宣言したとおりに、7回、二番手で斎藤佑樹の名前がコールされると札幌ドームは大きな拍手に包まれた。10月3日、DeNAとのイースタン最終戦ではマウンド上で号泣し、千葉・鎌ケ谷のファンに涙で別れを告げたが、この日は見送る先発・上沢直之とハイタッチを交わして、笑顔で最後の登板に向かった。オリックスの福田周平に対して、初球は外角低めへの129キロの直球でストライクを奪うと、3球で追い込んだ。「ありのままの自分を出したい」と語っていた斎藤は、低めのチェンジアップで誘うもボール。続いてツーシームを3連投。フルカウントからの1球は外角に外れて四球となったが、最後まで勝負にこだわる投球だった。苦笑いのあと、柔和な表情を浮かべてマウンドをあとにする背番号1に、スタンドからは惜しみない拍手が送られた。

1点リードの7回、現役最後のマウンドへ


 ケガと戦い続けたプロ野球生活だった。開幕投手を務めた2012年のシーズンオフに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング