週刊ベースボールONLINE

2021年の記録に残る男たちは誰だ?タイトル争い最終盤

新人王レース【セ・リーグ編】 守護神のC栗林が抜群の安定感。S奥川、DB牧の三つ巴か?T佐藤輝は後半戦で失速

 

ペナントレースの行方と同様に、注目を集めるのが個人タイトルだ。ほぼ当確の部門があれば、最後の最後までわからない部門もある。特に新人王のチャンスは一度しかなく、記者投票によって決定される。東京五輪が開催された2021年、果たしてタイトルを手にするのは誰か。ここではセ・リーグの新人王候補たちを紹介する。【パ・リーグ編はこちら】
※記録は全て10月17日現在。年齢は2021年の満年齢

【本命】
広島栗林良吏

投手/25歳/右右◎51試合、0勝1敗35S0H、防御率0.72


投打の怪物ルーキー東京五輪でも守護神


 セ・リーグの新人王争いは非常に激戦となっている。過去に例を見ないほどのハイレベルだ。その中でもタイトルを獲得できるのは一人。最有力候補は誰なのか。

 シーズン当初は六番・右翼で開幕スタメンを飾った佐藤輝明(阪神)が大きく抜け出した感があった。前半戦のチームの快進撃を支えたのは紛れもなく、このビッグルーキーの存在だろう。開幕2戦目となるヤクルト戦(神宮)の第1打席で早くもプロ初本塁打。バックスクリーン上段に飛び込む特大の一発でチームに勢いとリズムをつけた。4月から6月まで月6本塁打を放ち、横浜スタジアムでは場外弾を放つなど、新人離れした飛距離で話題をさらった。5月は月間MVPでオールスターにも出場。四番にも座るなど一時は新人王当確という声もあった。

 しかし徐々に快音が聞かれなくなった。後半戦は各球団に徹底的に対策を練られ、まさかの59打席連続無安打。三振はリーグ独走の167を数え、前半戦の活躍からは信じられない打撃不振に陥った。スタメン落ちに二軍降格となり、新人王レースから失速した感は否めない。前半戦と後半戦の活躍が逆だったら、印象も変わっていたかもしれない。

 佐藤輝に代わって本命に躍り出たのが栗林良吏(広島)だ。ルーキーながら守護神に抜てきされ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング