週刊ベースボールONLINE

2021年の記録に残る男たちは誰だ?タイトル争い最終盤

個人打撃タイトル【パ・リーグ編】 首位打者はB吉田が2年連続で濃厚 本塁打はB杉本、打点はE島内がリード

 

ペナントレースの行方と同様に、注目を集めるのが個人タイトルだ。ほぼ当確の部門があれば、最後の最後までわからない部門もある。特に新人王のチャンスは一度しかなく、記者投票によって決定される。東京五輪が開催された2021年、果たしてタイトルを手にするのは誰か。ここではパ・リーグの打者たちを紹介する。【パ・リーグ 投手タイトルはこちら】
※記録は全て10月17日現在。年齢は2021年の満年齢

パ打撃3部門でトップに立つ、右から杉本、吉田[ともにオリックス]、島内[楽天]。逃げ切り濃厚か


 パの打撃部門もタイトル獲得者が決まりつつある。吉田正尚(オリックス)の2年連続となる首位打者はほぼ確定。2年前にMVPとともに首位打者を獲得した森友哉(西武)が追い上げを見せたものの、吉田のシーズンを通しての安定感が上回った。吉田は9月5日に左太もも裏の筋損傷で戦線離脱。10月に入ると今度は死球を受けて右尺骨骨折と再びの欠場となったが、それまでに残した高い数字が物をいった。パ・リーグの2年連続首位打者は2002〜03年の小笠原道大(日本ハム)以来となる。

 本塁打王争いは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング