週刊ベースボールONLINE

廣岡達朗連載「やれ」と言える信念

廣岡達朗コラム「ヤクルトは青木で持っている 原監督は辞めたほうがいい」

 

先頭に立ってナインを激励



 ヤクルトが6年ぶりリーグ優勝を飾った。

 監督で勝ったとは私は思っていない。

 ヤクルトに限ったことではないが、ベンチのイスに座ったまま勝てるのであれば監督は楽だ。

 監督というのは陣頭指揮を執らないと選手は動かない。それがいまは、コーチを育てるわけでもなければ、サインを出すのもコーチ任せだ。

 それでヤクルトが勝ってきたということは、選手の中にリーダーシップを執る人間がいたということだ。

 青木宣親である。彼が先頭に立ってナインを叱咤激励してきた。39歳という年齢。外野の守備を見れば足の動きは全盛期のそれではないが、頑張っている。大したものだ。ヤクルトは青木で持っているチームだ。

 もう一つ言えるのは、人間は目的がはっきりすると予想以上に働く。優勝できると思えば、欲を出して一生懸命にやる。一般社会と同じだ。

 さらに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング