週刊ベースボールONLINE

[Close-up]2022年へ新たなるスタート 3球団で新監督誕生!

日本ハム・まさか、まさかの大抜てき! 新庄監督&稲葉GM就任 黄金期知る2人が強力タッグでチーム再建へ

 

日本ハムは10月27日、稲葉篤紀氏の来季GM就任を発表、就任会見を行った。2日後には、球団OBの新庄剛志氏が、新監督を務めることが正式決定。北海道日本ハムの土台を築いたOBがチーム再建に動き始めた。
※情報は10月29日時点

新庄氏は昨年、現役復帰を宣言し、12月のトライアウトに参加して話題をさらった[写真=桜井ひとし]


新監督をGMがサポート


 10月29日、日本ハムファイターズはかねてのウワサどおり、来季の監督に新庄剛志氏の就任を正式発表した。球団OBである新庄氏は阪神、メジャー球団を経て日本ハムが北海道に移転となった2004年に移籍。意外性あふれる打撃、華麗な外野守備でチームの躍進を支え、常にファンを意識したパフォーマンスでファイターズを北海道の地に根付かせた功労者だ。引退後は現場から離れていたが、昨年は48歳にして12球団合同トライアウトに参加するなど話題を振りまいてきた。

 指導経験のない新庄氏の監督抜てきは異例の人事だ。日本ハムは3年連続Bクラスに沈み、今季限りで栗山英樹監督が退任。新たな体制づくりが進む中、新庄氏の未知の手腕にチーム浮上を託すこととなる。就任会見は今後行われるようだが、新庄氏は自身のSNSで、『たった今北海道日本ハムファイターズの監督に就任する事が決まりました。プロ野球の存在意義はそこの街に住む人達の暮らしが少しだけ彩られたり、単調な生活を少しだけ豊かにする事に他なりません。その裏側に誰を笑顔にするのかを常に心に秘めて新庄剛志らしく突き進んで生きます!』(原文ママ)と早速、指揮官就任の決意を綴(つづ)っている。

 新庄新監督をバックアップする体制も固められている。監督発表に先駆け27日には・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング