週刊ベースボールONLINE

廣岡達朗連載「やれ」と言える信念

廣岡達朗コラム「“新庄革命”が成功したら、従来の指導者は何をやっていたのか」

 


 日本ハムの指揮官に就任した新庄剛志監督の言うことは間違っていない。

 会見では「優勝は一切考えてない」と話していた。

 私は「物には順序がある」を持論にしている。新庄も優勝は当然狙うが、彼の中ではまだ課題がある選手が多い。このチームは1年では無理だから、あえてそう言っているのかもしれない。順序があることを分かっていたら大したものだ。

 あの体つきを見ても新庄はトレーニングしている。太っていない。いまの監督は横着で、われわれがやったように選手と一緒に走ることをしない。新庄ならそれができる。

 彼が今後、何をやるか。本当にチームが変わったら、いままでの監督、コーチは青ざめるだろう。指導者が問題なのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング