週刊ベースボールONLINE

ダンプ辻のキャッチャーはつらいよ

連載ダンプ辻コラム 第80回「最近エンドランをあまり見てない気がします」

 

けん制もうまかった阪神・江夏


ハンガーを頭に巻くと……


 この間、テレビを見ていたら地面に線を引き、そこにつま先を合わせて真っすぐ立ち、恥骨と尾骨の高さを平行にして歌うと、すごく声が出るというのをやっていました。息がずっと続くというのかな。普通は尾骨のほうが高いでしょ。声というのは、結構、姿勢や首回りと関係していて、整体の世界でも面白いやり方がいくつもあります。

 一つはクリーニング屋に出したときにもらう、細い針金みたいなハンガーがあるじゃないですか。これを使うやり方があります。ぐっと絞って頭にバンダナみたいに巻いて、引っ掛けるところを左に向け、そこに意識を置いてみてください。孫悟空の頭の輪っかみたい? 大丈夫、呪文できつくなったりしないですから(笑)。これで声を出すと、すごく伸びるんですよね。ハアア〜〜。どうですか? つけないと、ハア〜……です。ありゃ、信じてないですね。ほんとですよ(笑)。

 はい? これと野球がどう関係するか? まったく関係ないでしょうね。せっかくだから話しておきたかっただけです(笑)。

 そうそう、昨日のCSは見ましたか(11月6日ファーストステージ)。甲子園の阪神-巨人戦です。やっぱり阪神の高橋(高橋遥人)のヒジはもたんかったですね。見ていて、いいときと投げ方が違った。コントロールもばらけ、いつもみたいに低めになかなか収まらなかったですからね。抑えてはいましたが、相手の菅野(菅野智之。巨人)も100パーセントじゃなかったと思います。いいときの横に滑るようなスライダーじゃなく、タテ変化でしたから。

 阪神がエンドランを外された場面もありましたよね(5回裏)。走者一塁で糸原(糸原健斗)が打席だったけど、完全に外したのはいいにしても、(巨人の捕手の)小林(小林誠司)の送球は物足りなかった。外国人の走者(マルテ)がおかしなスライディングをしたから、少しずれたら(二塁ベース上で捕球したショートの)坂本(坂本勇人)がケガしてましたよ。もっとパチンといいとこに投げてやらんとね。試合って、そういう一つひとつのプレーの積み重ねが流れとか勢いにつながるんですよ。

 みんなエンドランだったと言ってるけど・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング