週刊ベースボールONLINE

MLB通信2021

MLBと選手会が交渉決裂 ロックアウトで各交渉もストップ

 

現地時間12月1日の交渉期限までにまとまらなかった。MLBと選手会との労使協定での話し合いは物別れに終わった。11月30日に交渉の席についた両者は約7分で決裂。その後のオーナー会議でロックアウト実施が決議され、1日から突入した。この先どうなるのか……。
写真=Getty Images、BBM

マンフレッドコミッショナーは会見でロックアウトについて「スポーツ、そしてビジネスにとっても良いことではないが、合意に向けての措置だ」とも語った


 MLB公式サイトに選手の顔写真もなければ、今季活躍したプレーヤーたちの画像もない。エンゼルス・大谷翔平のホームランシーンもどこにもない。MLBと選手会との労使協定が物別れに終わりオーナー側がロックアウトを実施。肖像権を持つのは選手会側で、公式サイトでは使用できない。一方、オーナー側は球場などの施設開放を一切行わず・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング