週刊ベースボールONLINE

12球団2021年シーズン回顧

【セ・リーグ5位】中日・主力選手が軒並み不振に 投手奮闘も得点力不足に泣く/12球団2021年シーズン回顧

 

与田剛監督にとって3年契約の最終年となったが、今年もまたスタートダッシュに失敗して低空飛行が続いた。9試合目にして借金を抱えると、一度も5割に到達できず。投手陣の踏ん張りに打線が応えられない試合が多く、チームは2年ぶりの5位で創立85周年のシーズンを終えた。

[2021年成績]※成績部分の()内数字はリーグ順位
55勝71敗17分 勝率.437
405得点(6)、478失点(1)、打率.237(6)、56失策(2)
69本塁打(6)、60盗塁(5)、防御率3.22(1)

最後は借金16でシーズン終了。与田監督[中央]の退任も決まった


迫力不足の貧打線


 昨年は3位で8年ぶりのAクラス入りを果たした。長い暗黒期からの脱出に成功し、今年は10年ぶりとなる優勝の期待も高まったが、5位に終わった。与田剛監督にとって3年契約の3年目は集大成の年だったが、今年に限らず、この3年は5位、3位、5位と優勝どころか優勝争いにも絡むことができなかった。最後のシーズンは与田政権では最多となる借金16で幕を閉じた。

 低迷の要因は明白だ。明らかな得点力不足。開幕スタメンを飾った平田良介阿部寿樹京田陽太が次々と打撃不振に陥り、二軍降格となった。京田は5年目にして初めての二軍落ち。頼みの高橋周平も期待外れの成績。新助っ人のガーバーはさらに期待外れ、
若手の根尾昂も伸び悩んで打線が固定できなかった。7月に入って・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング