週刊ベースボールONLINE

80's of CENTRAL LEAGUE

1980年代忘れじの助っ人たち 78選手完全チェック!!【セ・リーグ 後編】

 

1980年代にセ・リーグに在籍した助っ人外国人選手は全部で78人(支配下登録選手のみ)。複数年で活躍した選手から、1年のみで強烈なインパクトを残した選手まで、それぞれ。何人の助っ人選手たちを覚えていますか?
※ポジションは登録のもの。成績は80年代のセ・リーグ球団在籍時の通算成績

ポンセ(大洋1986-90) ファンに愛された「スーパーマリオ」


ポンセ外野手/プエルトリコ/通算518試合、590安打、119本塁打、386打点、44盗塁、打率.299


 5シーズンにわたって在籍したスラッガー。来日から2年連続の3割超え、本塁打王(33本=88年)、打点王(98=87年、102=88年)のタイトルを獲得した。ラテン系のルックスに加えて、当時流行した「スーパーマリオ」にそっくりのヒゲが子どもたちに大人気で、親しみやすい応援歌は今もファンの間で口ずさまれている。90年限りで退団し、現在は日本人向けのユーチューバーに転身。バッティング技術などを配信している。

ゲーリー(中日1986-88) 誰からも愛されたナイスガイ


 モッカの退団に伴って獲得した左打ちの助っ人。メジャーでは1本塁打も来日1年目の86年は主に四番に座って36本塁打を記録。落合博満が移籍してきた87年からは三番に座り、その落合の神主打法を取り入れて安打を増やした。もっとも印象深いのは88年の開幕2戦目のサヨナラ本塁打。勝負強い打撃で勝利打点も多く、親日家でもあったが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング