週刊ベースボールONLINE

80年代の名言&迷言&珍言集

選手はかく語りき。涙あり、笑いありのコメント集 パ・リーグ編

 

マイクを向けられたり、記者に囲まれたりすると、ついつい本音が出てしまう……。涙あり、笑いありのコメント集。


「ボールの縫い目が見えたわ」
(80年6月15日/阪急戦に代打で出場し、2号本塁打の西武野村克也)


「適当に投げただけや」
(80年8月5日/3年ぶり完封勝ちの阪急・松本幸行)


「体重なんか関係ない。動ければええんや」
(81年/ブレイザー監督から体重を100kg以下にするよう指示された南海・香川伸行。一向に痩せる気配はなく、毎回罰金を払っていた)


「快食、快眠、快便が好調の秘けつ」
(81年/滑り出し好調のロッテ張本勲)


「名球会は無理かもしれんが、迷うほうの迷球会なら入れるかな」
(81年4月18日/南海戦で17年目のベテラン左腕・高橋一三が通算141勝目を挙げて)


「聞きにくい話と、言いにくい話はやめましょう」
(81年4月24日/西武戦でリリーフ失敗の阪急・山口高志)


「どんな球? そんなこと打ったヤツに聞け!」
(81年5月26日/阪急・島谷金二にサヨナラ本塁打を打たれた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング