週刊ベースボールONLINE

新人合同自主トレ2022年REPORT

球団担当イチオシ! 3つ星スター候補たち part1

 

7球団の週ベ担当イチオシルーキーたちを紹介しよう。合同自主トレ初日からスタートダッシュとばかりに輝きを放つ彼ら。個々の魅力はすでに「3つ星」の高評価だ。

ヤクルト・丸山和郁



スピード_★★★

 開幕一軍をつかむべく、まずは春季キャンプへ向けて体を磨き上げる。初日から軽快な動きを見せたが、大学引退後から体重が微増。合同自主トレでは「体幹を鍛えてトップスピードで走れる体に戻したい」と減量を明言。攻守走すべてで武器となる自慢のスピードを最大限に磨き上げ、春季キャンプ初日を迎えたい。

阪神・森木大智



冷静と情熱_★★★

 最速154キロと力強い投球を見せる右腕だが、プロの世界では「まず練習に慣れるということと、下半身強化。そういうところを鍛えていきたい」と冷静に目標を定める。キャッチボールは、10以上あるルーティンで自分の状態を確かめながら。着実に見据える自らが進むべき道の先には・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング