週刊ベースボールONLINE

春季キャンプガイド

必見!! 白熱するポジション争い 今年はオレが輝く

 

各チームとも優勝を目指すためには充実した布陣が必要。もちろん春季キャンプでは熾烈(しれつ)なポジション争いが繰り広げられるはず。ここでは特に注目される6つの勝負を紹介し、熱い心で2月1日を迎えよう。
写真=BBM

【勝負1】オリックス・優勝チームのクローザー争い


富山凌雅×平野佳寿

富山凌雅[左]、平野佳寿[右]


大ベテランの意地と強心臓若手

 チームを進化させる思いは24歳左腕・富山凌雅が自主トレで語った意気込みが物語る。「いつまでもベテランに頼ってばかりはいられない」。今年38歳を迎える抑えの平野佳寿からポジション奪取の思いを口にした左腕は、昨季チームトップの51試合登板とタフさも武器。「ピンチのほうが楽しめる」と強心臓も持つが、ライバルはベテランだけではない。ドライチ・椋木蓮も“勝ち継投候補”に名が挙がる可能性は十分にある。「若い子がどんどん出てくるのはいいこと。でも僕も簡単には負けません」は、昨年2月にオリックス復帰が決まったあとの平野佳の言葉だ。昨季、チーム躍進は抑えが固定された交流戦から始まったものだけに、今季を占うクローザー争いと言っても過言ではない。ベテランか中堅か、はたまた新人か――。9回のマウンドをかけたアピール合戦はリーグ連覇へ向けた内なる戦いだ。

【勝負2】楽天・戦力最強化中の一番・中堅争い


辰己涼介×西川遥輝

昨季の盗塁王とGG賞選手で競う道

 チームにとっては大きな戦力であり、既存の外野陣にとっては大きな脅威が出現した。日本ハムを自由契約となり、新たに楽天と契約をしたのが昨季の盗塁王・西川遥輝。「もしかしたら野球ができないんじゃないかとネガティブな考えにもなった」と明かす。日本ハムで築いた実績をひとまずリセットし、新天地であらためて「一番・中堅」の座をターゲットにする。

 迎え撃つのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング