週刊ベースボールONLINE

あの時代の記憶 恩師が贈る言葉

橋本球史(四国IL/徳島コーチ)が贈る 岸潤一郎(四国IL/徳島→西武)へのメッセージ 「さらに野球を知って、一軍に必要な選手になってもらいたい」

 

プロ入り前の指導者が教え子の思い出を語る連載企画。第3回は大学中退後、四国ILを経て2020年ドラフト8位で西武に入団した岸潤一郎だ。徳島時代の兄貴分でもあった橋本球史コーチに当時の話を聞いた。
取材・構成=高田博史 写真=古賀恒雄


 12月中旬、岸(岸潤一郎)が徳島に自主トレに来ました。隼人(平間隼人/巨人育成)とかと一緒に。

 普段から「(徳島の)選手が聞いてくると思うから、アドバイスを頼むよ」って感じで話していました。岸は辛口なので、徳島の選手と一緒にノックに入って、「お前ら、声も出さないで!」って叱っていましたね。

 懐かしかったですよね。なんか、あの感じが。徳島にいたときから2人はノッカーに向かってくる。変わってなかったですね。隼人と岸が一番声を出して、ワーワー言いながら練習していました。

 僕のことは『コーチ』というより、『5歳上の兄貴』ぐらいに思っているのかもしれません。多分、そのほうが強いですね。もちろん一線は引いていましたけど、こっちにいたときも、普段からよく連絡がありました。コーチとして、あんまり構えては見てなかったと思いますね。

 当然、徳島にいたときより意識は高くなっています。ただ、西武にドラフトでかかった年(2019年)からすごく意識を高くやっていたので、継続していますよね。すごいですよね、去年の100試合出場って。打率は.220だけど、ホームラン9本ですからね。

 1年目から「すぐ一軍に行ってもおかしくない」ぐらいには思っていたんです。使いやすいし、そんなに欠点がないので。ただ、2年目でホームランをこれだけ打つとは、あんまりイメージしていなかったですね。

 盗塁は去年、2つですよね。陸上の短距離選手の体脂肪が、5%だって聞いたんですけど、野球はやっぱり体をつくらないといけない。それで足も……っていうのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング