週刊ベースボールONLINE

2022の焦点

開幕投手最新事情 2022のスタートを託す男は誰か!【パ・リーグ編】

 

いよいよ近づく2022シーズン。今回は開幕投手に関する最新事情から、3月25日のマウンドを託す可能性が高い12人を紹介する。
※情報は3月6日現在。年齢は開幕時点、年齢横は開幕投手としての成績
※3月10日、楽天則本昂大が開幕投手を務めることを発表
【セ・リーグ編】はこちら

オリックス・山本由伸[23歳・2度目(2年連続)0勝1敗]


濃厚

山本由伸/2021年成績◎26試合18勝5敗0S0H、防御率1.39[写真=佐藤真一]


悔しさ晴らす舞台は整う

 連覇への道はこの男の快投から歩んでいく。中嶋聡監督は「え、言わなきゃいけないんですか?」と煙に巻くも、昨季の開幕、CS初戦、日本シリーズ第1戦もエースに託してきただけに背番号18の登板は濃厚だ。右腕も自身初の大役を務めた昨季に黒星を喫しているとあって、昨年からリベンジの思いを隠さない。昨年12月には「そこ(開幕)で勝つことでチームも乗っていける」と3.25に照準を定めていた。昨季の疲労を考慮してキャンプは2月11日にブルペン入り。実戦初登板は3月5日のDeNAとのオープン戦(横浜)と焦ることなく調整を続けている。舞台は昨季と同じ敵地での西武戦。開幕戦でリベンジを果たし、リーグ連覇と日本一奪取へエースの快投で弾みをつける。

西武・高橋光成[25歳・2度目(2年連続)1勝0敗]


開幕勝利+1年間の活躍を

「今年早々から決めていた」と辻発彦監督からの信頼は厚い。2月18日、高橋光成の2年連続開幕投手が決定した。昨季、初めて託された開幕試合では山本由伸(オリックス)に投げ勝つなどキャリアハイの11勝をマーク。ただ、防御率は規定投球回に到達した14人中13位の3.78。それだけに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング