週刊ベースボールONLINE

2022の焦点

12人の秘密兵器 未知数の男たちが勢力図を激変させる!【セ・リーグ編】

 

いよいよ近づく2022シーズン。キャンプ、オープン戦の中で見えてきた、12球団の秘密兵器候補を紹介してみたい。まだまだ本格開花かは分からない。しかし、うまく大化けすればチームだけではなく、戦いの勢力図を大きく変える可能性を持つ男たちがいる。
※情報は3月6日現在。年齢は開幕時点
※3月11日、巨人堀田賢慎の支配下登録を発表
【パ・リーグ編】はこちら

ヤクルト・木澤尚文 156キロの新魔球!?


木澤尚文[投手/23歳] 写真=山口高明


完成間近? 威力抜群の剛球シュート

 3月3日の日本ハム戦(札幌ドーム)に登板し、1回を三者凡退。実戦4試合目にして、初めて無失点に抑えた。この日の球速は自己最速タイの156キロを記録も、ストレートは0球。新球種のシュートで計測したものだった。「(ストライク)ゾーンで動く球があれば、ほかの球種も生かせる」と投球の幅を広げるため、オフから習得に取り組んできた。昨季はドライチで入団も一軍出場はなし。まずは競争を勝ち抜き、デビューを待つ。

阪神・江越大賀 魅惑の5ツール!?


8年目にして打撃開眼

 身体能力は、チームNo.1と言われ続けてきた。守りも、肩の強さも、足もレギュラークラス以上だ。課題は打撃。一軍投手には通用せず、3年間で1安打のみ。シーズン中に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング