週刊ベースボールONLINE

どうなる2022シーズン 気になる3つのチェックポイント!

≪POINT 3≫何人の新外国人選手が開幕に間に合うのか?

 

新型コロナ感染拡大防止の水際措置で外国人の新規入国が原則禁止されていたため、今年もまた新外国人の来日が遅れた。各球団の状況を整理してみたい。

ソフトバンクガルビスはすでにオープン戦にも出場[c]SoftBank HAWKS


続々来日し合流


 ヤクルトは2人の先発タイプを補強した。2018年のMLBジャイアンツ時代には先発ローテーションの一角として29試合に登板した左腕のスアレスは、昨季は韓国リーグで10勝を挙げた実戦派。さらにスアレスとともに3月11日に一軍に合流したのがコールだ。主に中継ぎとしてMLB通算109試合に登板した右腕だが、高津臣吾監督はともに先発候補として期待している。

 阪神ではケラーウィルカーソンが一軍合流。クローザー候補のケラーは最速157キロの真っすぐもあるが、カーブを決め球に三振を奪いにいくスタイル。ウィルカーソンは先発候補。交流がある元DeNAマイク・ザガースキーから『ちゃんとお辞儀しろよ』と教えてもらったとか。さらに、来日後さっそく納豆にもチャレンジした。すべての球種でストライクを投げる自信あるという。

 アメリカで特別キャンプを組んでいた巨人の新外国人たちも続々来日。MLB通算46勝の右腕M.シューメーカーは3月10日に初練習を行い、11日にはブルペンに入って41球を投じた。MLB通算96発のG.ポランコはファームに合流した練習初日の9日にティー打撃で防球ネットを突き破ると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング