週刊ベースボールONLINE

あの時代の記憶 恩師が贈る言葉

川村忠義(春江工高野球部監督[現・福井商高監督])が贈る 栗原陵矢(春江工高→ソフトバンク)へのメッセージ 「常に陵矢らしい笑顔で野球をやり続けてほしい」

 

1年春から、チームは正捕手として迎え入れた。常に前向きな栗原陵矢が、試合中に流した涙。あの日をきっかけに、より強く、よりたくましくなってプロの世界でも大きく成長する姿を、優しく見守っている。
取材・構成=菅原梨恵 写真=BBM


 福井ブレイブボーイズ(※栗原陵矢の中学時代の所属チーム)の監督が私の親友だったのですが、陵矢のレベルならほかの高校にいくだろうなと思って特に声を掛けたりということはありませんでした。当時の春江工高は決して強いわけではなく、これからのチーム。私自身、監督就任3年目でしたし、来てくれる子たちで一生懸命やろうと思っていました。それでも、陵矢はこれから変わろうとしている春江工高に興味を持ってくれていたみたいです。

 体験会(体験入部)に来たときの陵矢は線の細さが気になるところではあったのですが、それも入学するころには体が少し大きくなっていて。成長しつつあると感じられましたし、あとはやっぱり雰囲気ですよ。技術というよりも、ユニフォームの着こなしや、ミットや防具を着けたときの表情というか。「こういう選手って、ちょっといいよね」と思いました。

 入ってすぐに正捕手になったのですが、それも主になっていた選手たちがポジションを空けたからなんです。「アイツに任せようじゃないか」と。慣れていない中でのマスクだったのでケガなんかもありましたし、本人もかなり無理していたところもあって、そこは私自身今でも考えるところではあるのですが、大変な中でもやっていけたのは彼の持っているものだったのでしょう。あとは、これからのチームだったので、みんなが彼を認めて、彼を受け入れるという状況があった。もし彼が強豪校と呼ばれる高校に行っていたら、1年生からマスクをかぶって試合に出るなんて、なかなかない。そう考えると、彼の成長物語はマンガみたいだな、なんて思ったりもします。

 リーダーシップを持ってチームをまとめて、チームの“王様”だった陵矢ですが、1年の秋、崩れ落ちたことがありました・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング