週刊ベースボールONLINE

比べてみました! 写真で考察

違いの意味を徹底チェック Theme『投手のプレート位置』【セ・リーグ編】

 

同じ構図の写真と言うなかれ! よーく見れば選手の思考が垣間見えるもの。写真でみれば些細な違いも、プレーで考えれば大きな違いだ。では一体、違いの理由は何なのだろうか。静止画からプレーをひも解き、選手の考えを徹底チェック。今回のテーマは投手のプレート位置だ。
【パ・リーグ編】はこちら

変更した投手も多数


石川雅規[ヤクルト/左投]プレート位置_自由、決め球_シンカーほか
大野雄大[中日/左投]プレート位置_三塁側、決め球_ツーシーム


 セ・リーグの投手も十人十色。オリックス・山本と同様に踏む位置を定めないのが、ヤクルトの左腕・石川雅規だ。同じ打者との対戦でも位置を変えることもあり、リリース位置などの微調整も必要になるとあって、高い制球力の凄みが、さらに分かる。そんな左腕は多種多様。中日・大野雄大も、調子や打者によって踏み位置を微妙に変えているが、基本的に三塁側を踏むのは決め球でもあるツーシームを最大限に生かすため。対して・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング