週刊ベースボールONLINE

PLAY BACK

12球団担当記者が選んだ 序盤戦BIG SCENE【パ・リーグ編】

 

早くも開幕から1カ月半近くが経過し、試合消化も最多が巨人の38試合となった。今回は12球団の担当記者が序盤の戦いのポイントとなった1枚を選んでみた。
【セ・リーグ編】はこちら
※情報は5月8日現在

楽天・まさに最強の砦


04.30 E7x-6H(楽天生命パーク)

写真=井沢雄一郎


 太田光が左肩手術の影響で出遅れ、開幕スタメンマスクには新人の安田悠馬が抜てきされたが、新型コロナウイルス陽性判定で早々に戦線離脱。チームの危機的状況を救ったのは、プロ17年目のベテラン捕手・炭谷銀仁朗だった。経験に裏打ちされたリード面では投手陣の信頼が厚く、体を張って本塁を死守。打席では現時点でチームトップの8犠打をマークし、値千金のスクイズもあった。序盤戦では陰のMVPとも言える活躍を見せている。 (YO)

ソフトバンク・開幕7連勝を呼んだエースの力投


04.01 E0-1H(楽天生命パーク)

写真=井沢雄一郎


 開幕前、千賀滉大は「1年間、責任持って」と力を込めた。今季2度目の先発となった4月1日の試合は、楽天・涌井秀章との投げ合いに。柳田悠岐の本塁打での1点を守り続ける中、7回、二死ながら満塁のピンチを背負う。「何とか抑えたい一心だった」。集中力を高め投げ込んだ3球は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング