週刊ベースボールONLINE

連続写真に見るプロのテクニック

【連続写真】西武・森友哉(後編)「豪快に振り回しているように見えて、バットの出し方◎。強靭な下半身があるからこそのフルスイング」

 

前号(1月6・13日号)の続きです。森選手のフォームは、どれだけ後ろ(軸足側)に残せるかを意識したもので、彼にしかできない独特な形であって、決してアマチュアの選手にはおススメできないものの、実は基本はしっかりと抑えているフォームであることを説明しました。また、前号では始動からステップした写真7までの動きを解説したので、後編ではここから先のフォームを見ていきましょう。



【ポイント】レベルスイング


 写真7を見ても分かるとおり、踏み込み幅はかなり広いです。スタート時にあれだけ後ろに残す意識を持っていながらも、しっかりとステップしていきます。このときはまだ、軸は後ろに残していますが、体を回転させていく過程で軸も前に移動し、実際のインパクトも写真11のようにかなり前めですね。残す意識を持ちつつ、一気に前でためていたパワーを開放する。そのタイミングとバランスが絶妙にマッチしていると思います。

 また、豪快に振り回しているように見えて、バットの出し方はとても良いです。ステップした写真7以降、バットを出していきますが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

連続写真に見るプロのテクニック

元プロの野球解説者が現役選手の打撃フォーム、投球フォームを連続写真をもとに解説。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング