週刊ベースボールONLINE

連続写真に見るプロのテクニック

【連続写真】ロッテ・荻野貴司「短いバットをさらに短く持ってコンパクトに。確実性が高まりつつ、スイングスピードも上がる」

 

19年はキャリア10年目で初めて規定打席に到達し、リーグ3位の打率.315と好成績を残しました。新人年からコンスタントに出場機会を得てきた選手ですが、これまではケガも多く、シーズンをフルに戦い抜き、出場を続けたのはこれがほぼ初めて。素晴らしいパフォーマンスだったと思います。



【ポイント】短く持つ


 短めのバットをさらに短く持っているのが最大の特徴です。「こんなに短く持って大丈夫?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、短く持つことで操作性が高まり、芯に当てる確率は格段に高まります。振り遅れという部分でも心配がなくなりますね。また、短く持つことで右手での押し込みがききますし、振り抜きのスピードもアップしますから、インパクトしてから投球に対して力負けせず、意外にパワーが使えて、飛距離も出る。昨季10本塁打の秘密はここにありそうです。

 短くバットを持つ利点は、ギリギリまで近くに引き付けて、コンパクトに弾き返せることにもあります。荻野選手のように足のある選手はどんな形でも出塁してナンボ。打って出るのももちろんですが、ギリギリまで引き付けられるとボール球の見極めもできるようになります。荻野選手は四球数もキャリアハイの40個を記録していますが、昨季はすべてがうまく回ったのではないでしょうか。

 スイングの特徴としては、まず・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

連続写真に見るプロのテクニック

元プロの野球解説者が現役選手の打撃フォーム、投球フォームを連続写真をもとに解説。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング