週刊ベースボールONLINE

連続写真に見るプロのテクニック

【連続写真】日本ハム・バーヘイゲン「198センチの長身を生かしつつも、まとまりのあるフォーム。上半身の切り替え、下半身のシフトチェンジもうまい」

 

過去2年でメジャー63試合に登板した新助っ人です。MLBでは6シーズンのキャリアでリリーフをメーンとしていましたが、先発も8試合(昨季は4試合)の経験があり、新天地である日本ハムでも先発ローテーションの軸の1人として期待されています。

日本ハム・バーヘイゲン



【ポイント】負担のない投げ方


 さすがメジャーでもある程度の実績のあるピッチャーだけあって、バランスを意識した始動になっていると思います。ランナーなしの場面でもセットポジションでスタートするタイプで、やや左足の上がり方には物足りなさもありますが、写真1〜写真3まで頭を含む上半身がまったく動きません。

 ホーム方向への移動を始める写真4では、もうグラブからボールを出し始めています(ハンズセパレーション)。写真6〜写真8は右手に持つボールが一塁方向を向いて、この間はまるでサイドスローのピッチャーのようなアクションを見せていますが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

連続写真に見るプロのテクニック

元プロの野球解説者が現役選手の打撃フォーム、投球フォームを連続写真をもとに解説。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング