週刊ベースボールONLINE

連続写真に見るプロのテクニック

【連続写真】ソフトバンク・東浜巨(後編)「トップ直前のヒジとボールの位置関係は注意が必要です。シフトチェンジもうまくいかず理想のリリースよりも手前に」

 

前号(5月18日号)の続きです。前編ではややトルネードするため、体をひねった分、逆の動きも必要になり、このタイミングを合わせる作業は特に難しいので、フォームの再現性にやや心配があることを解説しました。



【ポイント】ヒジとボールの位置関係


 写真6以降から触れていきます。写真6ではグラブからボールを離し(ハンズセパレーションが早い)、写真8、写真9のように軸の倒しは素晴らしいと思います。この間、右腕を体から離していき、写真9のように右ワキの下に空間を作るのも良いですね。ただし問題はこのあとです。

 写真10の形が顕著ですが、ヒジとボールの位置関係が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

連続写真に見るプロのテクニック

元プロの野球解説者が現役選手の打撃フォーム、投球フォームを連続写真をもとに解説。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング