週刊ベースボールONLINE

連続写真に見るプロのテクニック

【連続写真】楽天・則本昂大「下半身の使い方がうまく、178センチの体格でも力のあるボールを生む。上半身の倒しもしっかり使えて、フィニッシュの形も最高です」

 

押しも押されもしない楽天のエースです。新人年から18年まで6年連続の2ケタ勝利で、2年目の14年から5年連続で最多奪三振のタイトルを獲得。昨季は3月に受けた右ヒジ手術の影響で5勝にとどまりましたが、今季は開幕からここまで4勝を挙げ、完全復活の兆しを見せています。

楽天・則本昂大



【ポイント】躍動的なフォーム


 ケガもあり、ピッチングフォームに関しても少しずつ変化を加えようと試みていることを聞きました。ただ、ここまで十二分な実績を残したフォームでもありますから、これをベースにしたものとなるのでしょう。

 実際のフォームを見ていきます。私があまり好ましく思っていない、左足をプレートよりも後方に大きく引く始動ですが(なんの考えもなしにこれをすると、頭の位置が引いた側の足の上に移り、大きなブレが生じるからです)、ここで則本選手は軸足爪先に視線を落とし、かつ引いた左足のカカトに体重を乗せ切らないことで、頭の位置、重心を軸足の上に残しています(写真2)。これはどうしても左足を引きたい選手にはなくてはならないテクニックで、写真では分かりづらいですが、左足を振り上げ始める写真4でも視線を下に落とし、よりその意識を高めているのも良いと思います。ただし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

連続写真に見るプロのテクニック

元プロの野球解説者が現役選手の打撃フォーム、投球フォームを連続写真をもとに解説。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング