週刊ベースボールONLINE

連続写真に見るプロのテクニック

【連続写真】ヤクルト・清水昇「体重の乗った、良いボールを投げるリリーバーでバランスも良くとれていて、何よりムダな動きが少ない」

 

プロ2年目ですが、ヤクルトのブルペンを支えるリリーフの柱に成長を遂げました。1年目は先発でも3試合のマウンドを経験するなど、自分のポジションを探す段階にありましたが、今季はシーズンを通して馬力のある投球を続け、現在はセットアップのポジションをつかんでいます。


【チェックポイント】[6]軸の傾き◎[7]投てき競技に通じるスペース


【ポイント】ムダのないフォーム


 体重の乗った、良いボールを投げるリリーバーです。セットポジションからのスタートで、写真[2]ではやや足の上りは低いのですが、写真[3]、写真[4]とわずかに二段モーションをさせつつ(本当は一段でビシッと立てるほうがよりムダを省くことにつながります)、ひねりを加えることで・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

連続写真に見るプロのテクニック

元プロの野球解説者が現役選手の打撃フォーム、投球フォームを連続写真をもとに解説。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング