週刊ベースボールONLINE

連続写真に見るプロのテクニック

【連続写真】ヤクルト・山崎晃大朗「右サイドのカベを意識できていて、開きそうで、開かない。肩の開きも我慢しているので、バットが走ります」

 

持ち味の俊足や、体のサイズ的に見ても一、二番タイプの選手ですが、今季序盤は打撃絶好調で、三番や五番を打つ時期もあったようです。規定打席には届いていませんが、キャリアで初の100試合以上に出場し、300打席超え。飛躍のプロ5年目となったのではないでしょうか。

【チェックポイント】[2]軸足内側体重◎



【ポイント】下半身の強さ


 青木宣親選手の影響なのか、ヤクルトの伝統的な教えなのか、山崎選手も下半身をどっしりとさせて、重心を低く構えて打つ左バッターです(写真[1])。下半身をどっしりとさせている分、テークバックはおとなしめで、軽く軸足(左足)側に右足を寄せるだけ(写真[2]〜写真[3])。この際、軸足内側体重でしっかりとパワーをためられているのは良いと思います。ここから地面に水平に滑らせるようにステップ(写真[3]〜写真[6])していく過程でも、余分な動きがなく、ここまでは非常にスムーズ。

 ただ、重心を低く構えるバッターの悪い特徴として・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

連続写真に見るプロのテクニック

元プロの野球解説者が現役選手の打撃フォーム、投球フォームを連続写真をもとに解説。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング