週刊ベースボールONLINE

連続写真に見るプロのテクニック

【連続写真】阪神・岩崎優「広いステップ幅、そして深いシフトチェンジによって球速表示以上の速度をバッターに感じさせることができる」

 

阪神の8回を任される絶対的なセットアッパーです。シーズン前半にコンディション不良で登板のない時期もありましたが、それを乗り越えて東京2020オリンピックでも貴重な中継ぎ左腕として金メダル獲得に貢献しました。阪神でも抑えのスアレスとともにチームの強みになっています。


【ポイント】股関節の柔軟性


 岩崎選手の最大の特徴は股関節の柔軟性、柔らかさです。ステップした写真[10]を見てください。まず、ステップ幅が広いですよね。一般的に6歩が平均と言われる中で、6歩半〜7歩はあるように思います。ただステップ幅が広いだけではなく、股関節の角度が180度に近いくらい開いています。130度以上が良い投手の条件と言われる中、それをはるかに超えています。股関節の角度は別にして、普通、ここまでステップ幅を広く取ると、軸足(左足)からステップしたほうの足(右足)へのシフトチェンジが難しくなるのですが、写真[10]〜写真[12]のようにスムーズ。お腹の右側が右足ももにつくくらい深くステップしながら、左股関節から右股関節へと重心を移動させていきます。柔軟性と強さがなければできない動きです。

 広いステップ幅、そして・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

連続写真に見るプロのテクニック

元プロの野球解説者が現役選手の打撃フォーム、投球フォームを連続写真をもとに解説。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング