週刊ベースボールONLINE

連続写真に見るプロのテクニック

【連続写真】中日・根尾昂「問題は打つポイントと、その意識。少し前にすることで、バットの出方が変わり、コンタクトできるゾーンが広がる」

 

大阪桐蔭高での実績は抜群ですし、身体能力も高く、球団もファンも期待する選手ですが、入団から3年、まだ結果が伴いません。今季前半は多くの出場機会を与えられながら打率は1割台。後半は二軍でスタートし、そこでも結果を残すことができず、最後まで一軍復帰はかないませんでした。(10月15日に一軍昇格)

【チェックポイント】[3]軸足内側重心◎



【ポイント】ポイントの位置


 構えは悪くありません。写真では分かりづらいかもしれませんが、写真[1]で少しだけ重心を前に出し、そこから写真[2]〜[3]のように軸足(左足)側に寄せて、右足を大きく上げていきます。タイミングの取り方は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

連続写真に見るプロのテクニック

連続写真に見るプロのテクニック

元プロの野球解説者が現役選手の打撃フォーム、投球フォームを連続写真をもとに解説。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング