週刊ベースボールONLINE

連続写真に見るプロのテクニック

【連続写真】西武・高橋光成「最大の特徴はザック・グリンキーばりの右腕の使い方 アームの描く弧が大きく、ボールの威力に関係してくる」

 

ライオンズの若きエースです。高卒1年目から一軍の先発マウンドを経験し、5年目の2019年に10勝を挙げ、昨季も短縮日程で8勝、そして今季もここまで11勝とコンスタントに成績を出せるようになってきました。


【チェックポイント】[5]右腕を右斜め45度下に[6]軸の倒し◎&右ワキ下の空間◎[7]グラブとボールの関係◎


【ポイント】ザック・グリンキー


 高橋選手のフォームを見たとき、真っ先に思ったことが、アストロズのザック・グリンキーに似ている、ということです。今季終了までにMLB通算219勝の右腕で、フォームで言うと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

連続写真に見るプロのテクニック

連続写真に見るプロのテクニック

元プロの野球解説者が現役選手の打撃フォーム、投球フォームを連続写真をもとに解説。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング